一戸建てが希望なら中古市場にも注目しよう

新築の建売住宅同様に、中古。戸建ての価格も低下しています。
東日本不動産流通機構のまとめによると、バブルのピーク時の1992年には平均成約価格が4838万円だったのが、2003年には3097万円まで下がりました。下落率にすると約36%に達します。
これをマンションと比較すると、1992年が3757万円で、2003年が1985万円。この問の下落率は約47%です。
マンションに比べるとて一戸建てのほうが下落率は低く、資産価値という点では、上地付きのく一戸建てのほうがある程度安心できるということが、数字の上からも裏付けられています。

c722438242d4d97a0fe301974ee677d3_s

しかし、いつまでも下落し続けるわけではありません。
この一戸建ての平均成約価格、実は2004年には前年の3097万円から3108万円に、わずか0.4%ながら上昇しているのです。
2005年に入ってもこの傾向は変わらず、中古。戸建ての価格は2002年で底を打って、上昇気配が濃厚になってきたといえそうです。価格が上がりはじめているといっても、その上昇幅はまだまだ小さなものですから、ここ数年が購入のタイミングとしてはちょうどいい時期にあたるのかもしれません。

さらに言えば、中古住宅の価格の動向は、不動産業界では新築価格に対する先行指標ともいわれています。中古住宅価格が横ぱいから上昇気配が強まってくれば、新築価格も近いうちに上昇に転じる可能性が高いので、その動向に注日しておく必要があります。
しかも、新築の建売住宅では「都市型一戸建て」が中心となりつつあるため、敷地而積が年々縮小していますが、中古の成約物件の平均面積はかつての120㎡台から近年では150㎡前後と、かなり広くなっています。
比較的ゆとりのある一戸建てを求めるなら、中古住宅に着日するのも一つの有効な手だてといえそうです。


東京都多摩地域に位置する小平市は、人口約19万人を有する街です。東京都特別区への交通アクセスが良好であることから、ベッドタウンとして人気があります。生活に欠かせない商業施設や公共施設なども充実しています。さらに教育施設も多数立地しているので、子育てに向いています。そんな小平市で一戸建ての購入をご検討しませんか?当サイトでは小平市に立地する一戸建て情報をご紹介しております。こだわりや生活スタイルに合った物件をスムーズに探せるよう、検索機能を充実させております。ぜひ当サイトをご活用下さい。

埼玉県飯能市は、市域の7割は山野が広がっている自然豊かな街です。都心への交通アクセスが良好なため、ベッドタウンとしての一面を持っています。市街地は、南東部に集中しており、交通機関や生活利便施設などが充実しています。また、教育環境も良いので、お子様連れの方にもオススメです。そんな飯能市に立地する不動産を求めるのであれば、こちらのサイトにアクセスして下さい。当サイトでは飯能市内にある不動産情報を掲載しております。種類豊富な物件情報を取り扱っているので、きっとご希望の物件が見つかるでしょう。

東京都渋谷区にある初台エリアで、快適な暮らしをしませんか?初台エリアは渋谷区北部に位置し、新宿区との区境にあります。全体的に住宅地が広がっていますが、商業施設も充実しているので、生活に困ることはありません。最寄りの初台駅には京王新線が乗り入れているため、通勤や通学が便利です。そんな初台エリアのマンション情報を探すなら、こちらのサイトをチェックして下さい。当サイトでは初台エリアにあるマンション情報を掲載しております。ご希望の物件や気になる物件があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。